松田陣平の登場回まとめ!安室透や佐藤美和子との関係は?【警察学校組】

松田陣平の登場回まとめ!安室透や佐藤美和子との関係は?【警察学校組】

劇場版『ゼロの執行人』で爆発的な人気を得た安室透=降谷零

降谷零が注目されるにつれて、彼と警察学校時代に同期だったキャラクターたちにもスポットライトが当たり始めました。

 

いわゆる『警察学校組』と呼ばれているキャラクターは、次の5人です。

  • 降谷零
  • 松田陣平
  • 萩原研二
  • 伊達航
  • 諸伏景光

 

警察学校組って何?降谷零の警察学校時代の同期たち

 

降谷零以外の4人は既に故人なのですが…。

警察学校組の中でもっとも早く登場し、特に根強い人気があるのが松田陣平です。

 

 

この記事では、松田陣平のプロフィールや登場回、彼と他の登場人物とのかかわりなどについてまとめてみました。

 

松田陣平とはどんなキャラクター?

基本的なプロフィール

氏名:松田陣平(まつだじんぺい)

所属:警視庁警備部機動隊爆発物処理班→警視庁捜査一課強行犯三係

享年:(おそらく)26歳

命日:11月7日(アニメでは1月6日)

声優:神奈延年

 

名前の由来

作者の青山剛昌先生は、俳優の松田優作さんが大好き。

松田陣平の苗字は松田優作さんからとったものです。

陣平は松田優作さんがテレビドラマ『太陽にほえろ!』で演じたジーパン刑事をもじって名付けられました。

 

特技

松田陣平は指先が器用な人物として描かれています。

特技は携帯電話のメールを早く打つこと。

萩原が亡くなった後も、萩原の携帯にメールを送り続けていました。

 

そしてもう一つの特技が、爆弾の解体です。

彼は爆発物処理班のエースでした。

 

犯人から送られてきた暗号をすぐに解読してしまうなど、かなり優秀な頭脳の持ち主でもあったようです。

 

性格

松田陣平は、いささか口が悪くてぶっきらぼうな孤高の刑事として描かれています。

ですが、これが彼の生来の性格かといえば疑問が残ります。

 

松田陣平を語る上で欠かせないのが、萩原研二の存在です。

松田と同じ爆発物処理班に所属していた萩原研二は、松田の親友でした。

 

萩原が爆弾解体中に殉職してから、敵討ちのため爆弾事件を担当する特殊犯係に転属を何度も希望していましたが…。

頭を冷やすために一旦同じ一課の強行犯係に配属されたという経緯がありました。

 

萩原の死によって松田は荒れてしまい、ぶっきらぼうで他人に対して冷たい接し方をするようになってしまった可能性があります。

松田は萩原が生きていれば、もう少し穏やかな性格だったのかもしれませんね。

 

ただ決しておとなしい性格ではなかったようで、警察学校時代には同期たちと一緒にかなりヤンチャしていたよう。

佐藤刑事が警察学校について、こんな風に愚痴をこぼしているシーンがあります。

私達の一年上の伊達さん達がヤンチャしまくったせいで…私達の年だけ規律が信じられないぐらい厳しくなってたんだから!!

引用:名探偵コナン 第96巻『遺品』

 

いったいどんな『ヤンチャ』をしていたのか…気になりますね(笑)

 

死因

松田陣平の死因は爆死です。

 

松田が死亡する4年前の11月7日に、萩原研二が殉職しました。

松田はずっと親友の敵討ちをしたがっており、毎年11月7日に萩原を殺した犯人から爆弾のカウントダウンとなるFAXが送られてきていることも知っていました。

 

そして運命の11月7日(アニメでは1月6日)、松田は犯人が送ってきた暗号を解読して、爆弾が杯戸町のショッピングモールにある大観覧車に仕掛けられていることを突き止めます。

爆弾の解体に向かった松田でしたが、もう一つの爆弾が仕掛けられている場所が爆発3秒前に爆弾の液晶パネルに表示されることが発覚

松田は爆弾の在処を佐藤刑事にメールで知らせ、自身は爆死してしまいました。

 

親友である萩原の仇を討つために4年間生きてきた松田刑事でしたが…。

最後は敵討ちではなく、病院の人たちを爆弾から守るために自らの命を犠牲にすることを選択しました。

刑事らしい彼の生き様には、強く心を打たれます。

 

松田陣平の登場回

アニメ第301-302話 悪意と聖者の行進

単行本第36巻 FILE.5~FILE.7にあたるエピソードです。

松田陣平が初登場するエピソードですが、セリフはありません。

変装した高木刑事の姿が松田に似ていたため、佐藤刑事や白鳥警部が松田を回想する…という形で登場しています。

 

 

アニメ第304話 揺れる警視庁 1200万人の人質

単行本第36巻 FILE.8~第37巻 FILE.1にあたるエピソード。

『悪意と聖者の行進』から続く話です。

2時間スペシャルとして放送され、原作にはないオリジナルシーンが多数追加されています。

高木刑事と佐藤刑事の恋模様を描いた『本庁の刑事恋物語』シリーズの一部にもなっている、重要なエピソードです。

 

原作では名前のみの登場だった萩原研二の姿が描かれ、セリフも与えられています。

それに伴い、松田陣平の出番も原作よりずいぶん増えています。

 

松田陣平が初登場にして死亡するシーンが描かれている、非常にインパクトが強いエピソード。

ここで描かれている松田の姿があまりにも格好いいため、今でも多くのファンに支持されています。

 

原作では、松田が死亡したのは萩原と同じ11月7日。

しかしアニメ版では、『揺れる警視庁』の放送日である1月6日に亡くなったことになっています。

 

 

アニメ第359話 本庁の刑事恋物語5(後編)

単行本第40巻 FILE.1~3にあたるエピソードです。

トロピカルマリンランドでのデート中、麻薬密売人を追うことになってしまった高木刑事と佐藤刑事。

観覧車を見た佐藤刑事が松田刑事を思い出すという形で、セリフ無しで1カットだけ登場しています。

 

 

未アニメ化 妖精の唇(フェアリー・リップ)編

単行本第96巻 FILE.4~7にあたるエピソードです。

佐藤刑事が警察学校時代のことを高木刑事に愚痴るシーンがあり、一年上の松田たちがヤンチャしまくっていたことが明らかになりました。

1コマだけですが、警察学校時代の松田陣平と同期たちの姿が描かれています。

 

劇場版 純黒の悪夢(ナイトメア)

この作品には、降谷零が爆弾を解体するシーンがあります。

そのシーンでの降谷のセリフで、松田が降谷に爆弾解体方法を教えたことが明らかになりました。

また『焦りは最大のトラップ』という爆弾解体の心得も、松田が降谷に教えたようです。

 

ゼロの日常 第1巻 TIME.7『眠れないんですか?』

ゼロの日常でも、松田たち警察学校組が描かれています。

降谷零のパソコンの中に、警察学校時代の写真が保存されていることが判明。

また、眠りの浅い降谷の夢に彼らが登場しました。

 

松田陣平が他キャラクターに与えた影響

佐藤美和子

松田が警視庁捜査一課強行犯三係になってから爆死するまでの7日間、指導係として松田についていたのが佐藤刑事でした。

松田は爆死する直前、爆弾の在処を佐藤刑事に知らせましたが…。

そのメールには、こんな追伸がありました。

あんたの事

わりと好きだったぜ

引用:名探偵コナン 第36巻『帰らざる刑事』

 

たった7日間の関係ではありましたが、松田陣平は佐藤刑事に想いを寄せていたんですね。

また佐藤刑事も松田刑事に想いを寄せており、ほぼ両想いだった様子。

 

松田刑事の存在は、佐藤刑事の心に深い爪痕を残しました。

佐藤刑事は松田を殺した爆弾犯を逮捕するまでの3年間、彼の死を引きずることになります。

 

高木渉

松田刑事と面識はないものの、松田刑事と佐藤刑事の関係を語る上で重要な役回りを果たしたのが高木刑事です。

 

高木刑事が変装のためカツラをかぶってサングラスをかけた姿は、松田刑事に似ていました。

また、宮本由美が高木刑事に向かってこんな発言をしています。

似てるのよあなた…その松田君に…

(中略)

なんとなく感じるのよ…匂いというかハートというか…

引用:名探偵コナン 第36巻『赤い罠』

 

佐藤刑事も爆弾犯を追っている間ずっと、高木刑事に松田刑事の面影を重ねていました。

犯人を捕まえたあと、松田刑事のことを忘れさせてと泣く佐藤刑事に、高木刑事はこう声をかけています。

ダメですよ忘れちゃ…人は死んだら、人の思い出の中でしか生きられないんですから…

引用:名探偵コナン 第37巻『バイバイ…』

 

ちなみに高木刑事と似たようなセリフを、松田刑事も言っていました。

あんたが忘れちまったらあんたの親父は…本当に死んじまうぜ?

引用:名探偵コナン 第36巻『消せない記憶』

 

高木刑事は、本当に松田刑事とハートが似ているんですね。

 

佐藤刑事は高木刑事の言葉をきっかけに、松田刑事の死を乗り越えることができました。

 

高木刑事の誕生秘話!魅力たっぷりのおすすめエピソード3選も

 

降谷零

先述の通り、降谷零に爆弾の解体方法を教えたのが松田陣平でした。

劇場版『純黒の悪夢(ナイトメア)』で降谷零が爆弾を解体するシーンがありましたが…。

松田が解体方法を教えていたからこそ、降谷は爆弾を解体できたんですね。

 

心配ないよ。あいつの技術は完璧だった。それを僕が証明してみせる

 

降谷が松田の爆弾解体技術に全幅の信頼を寄せていたことがわかります。

松田と降谷が警察学校時代の同期だとわかったのも、『純黒の悪夢』での描写によるものです。

 

焦りこそ最大のトラップだったな…松田

と降谷が言うシーンがありますが、ここの降谷と松田は青山先生が原画を描いています。

青山先生の松田に対する思い入れがよくわかりますね。

 

さいごに

3年前に殉職し、まともに登場するのは『揺れる警視庁 1200万人の人質』のみの松田陣平。

出番が非常に少ないにも関わらず、容姿および言動の格好良さが際立っていて、故人でありながらファンの心をつかみ続けています。

 

萩原研二の敵討ちを切望していたにもかかわらず、最後は萩原の敵討ちよりも一般市民を爆弾から守ることを優先して殉職した松田。

降谷零は『ゼロの執行人』などで非常に強い正義感を見せていますが、松田もしっかり正義感を持っており、降谷のよき友人であったことがうかがえます。

 

今後、名探偵コナン本編に松田が出てくるかどうかはわかりませんが…。

『ゼロの日常』で警察学校編が描かれることは確定していますから、また新たな松田陣平の姿が見られますね。

警察学校編が非常に楽しみです!

 

(ワガママを承知の上ですが、コナン本編にもまた出てきてほしいですね…)

 

警察学校組って何?降谷零の警察学校時代の同期たち

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。