【登場回まとめ有】黒田兵衛の正体は?ラムではない根拠と裏理事官の可能性

【登場回まとめ有】黒田兵衛の正体は?ラムではない根拠と裏理事官の可能性

コナンが追っている黒ずくめの組織。

ボスの正体は第95巻で明らかになりましたが、組織のNo.2であるラムの正体はいまだに明らかになっていません。

現在のところ

  • 黒田兵衛
  • 若狭留美
  • 脇田兼則

の3人がラム候補として描かれていますが、いったい誰がラムなのでしょうか?

この記事では、黒田兵衛に焦点を当ててラム疑惑を紐解いていきたいと思います。

 

黒田兵衛のプロフィール

氏名:黒田兵衛(くろだひょうえ)

所属:長野県警捜査一課(課長)→警視庁刑事部捜査一課(管理官)

階級:警視

年齢:50歳

声優:岸野幸正

 

顔の右側に大きな火傷の痕があり、右目が義眼。

白髪で強面の大男であり、若狭留美・脇田兼則と並んでRUMの候補の一人に挙げられている。

 

コナンの推理力を高く評価しており『眠りの小五郎の知恵袋』と称している。

彼自身も優秀な頭脳の持ち主で、常に冷静沈着。

 

劇場版『ゼロの執行人』で降谷零とつながりがあることが明らかになったため、警察庁警備局警備企画課=ゼロの裏理事官なのではないかとの説も…?

 

名前の由来は戦国武将の黒田官兵衛

 

 

黒田兵衛の登場回一覧

アニメ話数タイトル収録巻
810-812話県警の黒い闇(前編/中編/後編)86・87巻
814-815話ブログ女優の密室事件(前編/後編)87巻
822話容疑者は熱愛カップル(前編)87・88巻
897話白い手の女(後編)92巻
909-910話燃えるテントの怪(前編/後編)93巻
未アニメ化マリアちゃんを探せ95巻
未アニメ化女性警察官連続殺人事件95・96巻
未アニメ化長野の雪山編未収録

 

黒田兵衛の登場回あらすじ

アニメ化しているエピソードのみ記載しています。

810-812話 県警の黒い闇(前編/中編/後編)

単行本第86巻 FILE.9~第87巻 FILE.2に相当するエピソードです。

長野県警の捜査一課長として、黒田兵衛が初登場したエピソード。

顔の火傷や義眼の理由などを、長野県警の上原由衣刑事がコナンたちに語っています。

 

 

814-815話 ブログ女優の密室事件(前編/後編)

単行本第87巻 FILE.3~5に相当するエピソードです。

このエピソードから、黒田兵衛は警視庁捜査一課の管理官として登場するようになります。

黒田と灰原哀が直接顔を合わせている、貴重なシーンもあります。

 

 

822話 容疑者は熱愛カップル(前編)

単行本第87巻 FILE.10~第88巻 FILE.1に相当するエピソードの前編です。

黒田兵衛はコナンと哀の回想でのみ登場し、声の出演はありません。

が、哀が黒田兵衛について語っている貴重なシーンがありますので、彼を語る上では欠かせないエピソードです。

 

 

897話 白い手の女(後編)

単行本第92巻 FILE.8~10に相当するエピソードの後編です。

黒田と同じくラム候補である若狭留美が活躍するエピソード。

黒田はそのニュースをスマホでチェックして、若狭留美に反応する素振りを見せています。

 

 

909-910話 燃えるテントの怪(前編/後編)

単行本第93巻 FILE.6~8に相当するエピソードです。

黒田兵衛と若狭留美が直接顔を合わせています。

この2人のラム疑惑を考えるうえでは、必見のエピソードです。

 

 

黒田兵衛の正体は?正義側の人間と仮定して考える

黒田兵衛はラム候補の一人として描かれていますが、2018年公開の劇場版『ゼロの執行人』公開後は公安の裏理事官なのでは?という説もささやかれています。

まずは彼を正義側の人間と仮定して、正体に迫ってみたいと思います。

 

灰原哀と黒田兵衛が顔を合わせた時の反応

灰原哀は、黒ずくめの組織の人間の気配に非常に敏感です。

変装していても、近くに組織の人間がいると怯える素振りを見せますよね。

そんな彼女が黒田兵衛と初めて会った時、こんな反応をしていました。

 

引用:名探偵コナン 第92巻『SELFIE』

 

哀はコナンの陰に隠れていますし、コナンの服をしっかり掴んでいます。

一見、組織の人間の気配を感じて怯えているように見えますが…。

 

引用:名探偵コナン 第92巻『ビッグカップル誕生!?』

 

後日、単に顔が怖かっただけだと言っています。

それ以外の意図はまったくなさそうですよね。

 

引用:名探偵コナン 第92巻『ビッグカップル誕生!?』

 

それどころか、ラムなら今頃はもう博士の家に押し入ってるはず…などと、楽観的ともとれる発言をしています。

これまで黒ずくめの組織の人間について語る時は、比較的怯えたり恐れたりしていることが多かった哀ですが…。

黒田兵衛に対しては、驚くほど警戒心を持っていません。

組織にいた頃にラムと顔を合わせたことがないとしても、組織の人間としての気配を一切感じ取っていないという点において、黒田兵衛がラムである可能性はあまり高くないと考えられます。

 

『ゼロの執行人』とコナン原作で発した「バーボン」呼び

劇場版『ゼロの執行人』のあるシーンで、一部ファンが騒然となりました。

 

安室透と黒田兵衛が電話をしているシーンで、黒田兵衛のセリフが口パクで描かれていました。

口パクですので想像の余地はいろいろとありますが、短いセリフの中で2回唇を閉じていることから『バーボン』と言った可能性が非常に高いです。

劇場版では横顔のカットでしたが、BD・DVDでは正面からのカットに修正されて確認しやすくなっています。

名探偵コナン『ゼロの執行人』BD・DVDの修正・差し替えシーンまとめと小ネタ

 

また、少年サンデー本誌でも、ついにバーボン呼びが登場しました。

引用:少年サンデー 第32号 名探偵コナンFILE.1017『「ミケ」じゃなくて』

 

こちらははっきりセリフが書かれていますから、安室透=バーボンと認識していることが明白です。

黒田兵衛が正義側の人間だと仮定すると、安室透をバーボンと呼ぶ理由は

黒ずくめの組織への潜入捜査官として、任務をしっかりまっとうするようプレッシャーをかけている

と仮定することができます。

安室透をバーボンと呼んだからと言って、黒田をラムと決めつけることはできないわけです。

 

むしろ『バーボンと呼んだからラムだ!』というミスリードに持っていくことが狙いだったととらえる方が自然です。

 

黒田兵衛が長野県警に赴任した理由は

現在は警視庁の管理官である黒田兵衛ですが、初登場時は長野県警の捜査一課長でした。

県警の黒い闇』の事件のみ長野県警として登場し、次に登場した時にはもう警視庁の管理官でした。

たったの1エピソードだけ彼を長野県警として登場させたことには大きな違和感があるため、ここに何かしらの深い理由があると考えています。

 

最近スコッチこと景光の兄であることが判明した諸伏高明に会うためだったというのが、考えられる理由のひとつ。

【考察】諸伏高明と公安が繫がる可能性?安室透・黒田兵衛との関係

 

そしてもう一つの理由が、大和敢助のラム疑惑を確認するためだった可能性です。

引用:名探偵コナン 第86巻『啄木鳥』

 

大和敢助は

  • 隻眼(=左右どちらかの片目が義眼)
  • 大柄(=屈強な大男)
  • 長髪(=女のような男)
  • 杖をついている(=年老いた老人)

と、灰原哀が組織で聞いたというラムの噂にぴったり当てはまっています。

コナンも当初は疑っていましたよね。

 

大和敢助は正義感が強く優秀な警察官で、諸伏高明・上原由衣の幼馴染としてもルーツがはっきりしていますから、ラム疑惑は早々に晴れましたが…。

 

黒田兵衛は大和敢助の噂を聞きつけ、彼がラムであるかどうか確かめるために長野県警に出向していた可能性も十分に考えられます。

 

ストレートに考えると黒田管理官は公安の裏理事官

『ゼロの執行人』では、黒田管理官が「バーボン」という呼び方をしたこと以外に、もうひとつ重要なワードが使われていました。

それが「裏理事官」です。

 

降谷零が風見裕也との会話の中で、こんなことを口にしていました。

この情報がゼロからだってことは、裏の理事官には伝わっている

 

『ゼロの執行人』は、黒田兵衛が初めて登場した劇場版です。

ティザービジュアルにもポスターにも、黒田は大きく描かれています。

 

 

ですが実際のところ、『ゼロの執行人』で黒田は大活躍をしたというわけではないんですよね。

 

  • その黒田がティザービジュアルやポスタービジュアルでこれでもかと存在を主張されている
  • 『裏理事官』というワードを安室透の口から言わせた

 

この2点は、やはり黒田兵衛=裏理事官であるという事実を匂わせているように思えます。

 

原作に先駆けて劇場版で重要な要素をチラ見せするという手法は、『異次元の狙撃手』で既に実行されています。

今作でも黒田兵衛=公安の裏理事官であるということを原作より先に劇場版でヒントとして登場させたという可能性は否定できません。

 

 

黒田兵衛の正体は?組織側の人間と仮定して考える

では今度は、黒田兵衛が組織側の人間(ラム本人、もしくはラムではないが組織の幹部)であると仮定してみます。

 

黒田管理官には10年間の空白期間がある

顔に火傷の痕がある、隻眼の大男…。

特徴のある見た目で、初登場時からコナンや読者に強烈なインパクトを残した黒田兵衛。

彼について、長野県警の上原由衣刑事が気になる発言をしています。

 

引用:名探偵コナン 第86巻『足跡と啄木鳥会』

 

黒田管理官は、10年近く意識不明で入院していました。

顔の火傷や右目が義眼になったのも、その時の事故が原因ではないかと言われています。

顔の包帯を取ったら、黒髪が白髪に変色して別人のようになってしまっていたという上原刑事のセリフは、かなり引っ掛かる発言です。

入院していた10年の間に、黒田管理官の身には何が起こったのでしょうか?

 

黒田管理官は2人いる?ラムが本物の黒田とすり替わっている?

この空白の10年の間に、本物の黒田兵衛とラムがすり替わった可能性があります。

つまりこの場合『黒田兵衛』は2人いて

  • 事故に遭った本物の黒田兵衛
  • 黒田兵衛になりすましているラム(もしくはラムではないが組織の幹部)

が存在するわけです。

 

安室透は黒田兵衛と連絡を取り合っていますが、安室は『本物の黒田兵衛』と連絡を取っているつもりが、実は『ニセの黒田兵衛』に公安の情報を漏らしてしまっていると仮定すると…かなり恐ろしい状況ですね。

 

なぜNOCと知っていて安室を泳がせているのか

黒田兵衛=ラムだとすると、安室透=バーボンが公安警察からのNOCであることは当然ラムにバレていることになります。

NOCだとわかっているのに、なぜバーボンを始末しないのでしょうか?

ジンはNOCの疑いがあるというだけですぐに始末しようとするので、ずいぶんと対応に差がありますよね。

 

ラムがバーボンを泳がせておく理由としては

  • バーボンの情報収集能力が優れているために利用している
  • 組織の情報がどこまで公安側に漏れているかチェックしている
  • バーボンを始末すると、自分にスパイの疑いがかかる可能性があるため放置している

この辺りが考えられます。

 

最後のひとつは、ラムではなくそれこそジンあたりに実行させれば、黒田管理官に疑いが向くことはないため、仮説としては弱いですね。

やはり組織随一の探り屋であるバーボンの能力を有効活用するためか、バーボンが公安にどこまで組織の情報をリークしているかを確認するための可能性が高そうです。

 

引用:少年サンデー 第32号 名探偵コナンFILE.1017『「ミケ」じゃなくて』

 

この時の安室透の表情を見ると、安室透は黒田管理官にすら報告できない『何か』の情報をつかんでいますよね。

工藤邸で工藤夫妻&赤井秀一と話をした時の内容であることが読み取れます。

安室から黒田に正確な報告が上がらなくなったら、組織の人間として黒田が動き出す可能性はありそうですが…。

 

黒田=ラムだと『純黒の悪夢』はそもそも成り立たない

名探偵コナンの劇場版は、原作やアニメと厳密にリンクしているわけではありません。

一応パラレルワールドという解釈になっているので、劇場版における設定やセリフを根拠として考察するのはあまり意味がないのですが…。

たとえば『異次元の狙撃手』でも、ティモシー・ハンターが赤井秀一を指して『シルバーブレット』と発言するなど、原作と噛み合わない設定が登場しています。

本来『シルバーブレット』は組織内で使われている呼び名なので、組織にかかわりのないハンターが『シルバーブレット=赤井秀一』ということを知っているはずがないのです。

それを踏まえたうえで、蛇足として述べておきます。

 

黒田兵衛がラムだとすると、純黒の悪夢』でキュラソーが警察庁に侵入した意味が、そもそもなくなってしまうんですよね。

キュラソーはNOCリストを手に入れるために警察庁に侵入しました。

黒田兵衛は警察関係者ですから、キュラソーとは比べ物にならないくらい容易にNOCリストを閲覧できる立場にいます。

わざわざキュラソーに『警察庁に侵入してNOCリストを入手するように』と命じている時点で、黒田=ラム説はなくなったも同然かと思われます。

ただやはり劇場版の設定ですので、ラム説を否定する根拠として持ち出すのはいかがなものかとは思いますが…。

 

 

黒田兵衛は若狭留美を疑っている?

黒田兵衛の正体を探る上で重要なヒントになるのが、若狭留美との関係性です。

 

黒田は若狭=浅香orラムだと疑っている可能性が高い

引用:名探偵コナン 第92巻『真っ白な気持ち』

若狭先生がゲス・ゴルファーを撃退したというニュースの記事を見て、黒田管理官が何やら意味深な反応を見せています。

※脇田兼則もこのニュースに反応しているのですが、この記事では割愛します。

 

このニュースから若狭先生について読み取れる情報は、ほとんどありません。

せいぜいが

  • 若狭先生の名前
  • 帝丹小学校の教師であること
  • 犯罪者であるゴルファーを撃退したこと

くらいです。

もしかしたら教え子たちを守ったことも書かれていたかもしれませんが、コナンの名前が報道されたかといえば、その可能性は低いと思われます。

 

つまり黒田兵衛が反応したのは、『若狭留美』という名前に対してですよね。

『若狭留美』の名前はアナグラムになっていて

WACASA RUMI

↓(WをさかさまにしてMとし、並べ替える)

IM ASACA RUM

RUM IM ASACA

ASAKA IM RUM

などの文章に作り替えることができます。

 

黒田兵衛はこのアナグラムに気づいたからこそ、この時から若狭留美をマークし始めたことは間違いありません。

 

引用:名探偵コナン 第93巻『ティップオフ』

 

こちらのコマでは、羽田浩司が殺害された時の記事を読みながら、若狭留美のことを連想しています。

羽田浩司と若狭留美を結びつけるとしたら、やはり黒田は『若狭留美=浅香』もしくは『若狭留美=ラム』であることを疑っている可能性が高いです。

若狭留美に対して疑いをかけているということ、それはつまり黒田兵衛はラムではないということになります。

 

黒田がラムなら、若狭留美に接触するのはあまりにも尚早

この後黒田管理官は若狭留美と接触するためにキャンプに行くわけですが、黒田=ラムだとしたら、浅香である可能性が高い人物とそう簡単に接触するだろうか?という疑問があります。

ラムであれば、組織の探り屋たるバーボンに『若狭留美を調査しろ』と命じれば済む話ですから。

 

引用:名探偵コナン 第95巻『ホラ♡』

 

工藤新一の調査はバーボンに命じておいて、若狭留美の調査は自分で行うというのがどうも腑に落ちません。

アマンダ・ヒューズと羽田浩司を殺害した際に浅香と接触しており、そのために自ら若狭留美に会いに出向いたという可能性もなくはないですが…。

あまりにフットワークが軽いため、これまで作中で描かれてきたラムとはかけ離れた印象を持ちます。

 

 

黒田兵衛の正体は…

これまでの考察を総合すると、黒田兵衛はやはりラムではなく、公安の裏理事官である可能性が濃厚です。

 

黒田をラムだと仮定すると、辻褄の合わない部分があちこちに出てきます。

しかし公安の裏理事官であると考えると、逆に彼の行動が腑に落ちるようになってきます。

ラムが直々に警視庁にスパイとして潜入しているというのもあまりにも突飛な説ですから、黒田兵衛がラムである可能性はやはり限りなく低いと判断できるのではないでしょうか。

 

さいごに

ラムではなく公安の裏理事官であったとしても、今のところ黒田兵衛は非常に怪しく、秘密のある人物として描かれています。

誰がラムであるのかが明かされれば、黒田兵衛の謎もおのずと明らかになっていくと思われます。

黒田の正体と目的が明らかになれば、ますますストーリー展開から目が離せなくなりそうですよね。

今後の展開が非常に楽しみです。

名探偵コナンの若狭留美はラム?浅香?登場回まとめも

脇田兼則はラムの可能性が濃厚!名前と言動に隠された秘密と雪山編の伏線

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。