2019年映画『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』感想・ネタバレ

2019年映画『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』感想・ネタバレ

2019年4月12日、劇場版第23作目にあたる『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』が公開されました!

公開初日に鑑賞してきましたので、とりあえずざっくりとあらすじ・感想をまとめてみました。

ネタバレが大いに含まれますので、未鑑賞の方・ネタバレを知りたくない方はご注意ください。

 

『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』あらすじ

19世紀末、海賊船と共にシンガポール近海に沈んだとされる、世界最大のブルーサファイア『紺青の拳(フィスト)』

現地の富豪が回収を目論み、表舞台にその姿を現した時、マリーナベイ・サンズ近郊にて殺人事件が発生。

現場には、怪盗キッドの血塗られた予告状が残されていた。

そしてその頃、シンガポールで開催される空手トーナメントを観戦する為、蘭と園子は現地を訪れていた。

パスポートがないためコナンは日本で留守番のはずだったが、怪盗キッドにより強制的にシンガポールに連れてこられてしまう。

キッドに従わなくては日本に帰れないコナンは、蘭に名前を聞かれてとっさに『アーサー・ヒライ』と名乗る。

キッドはある邸宅の地下金庫に保管されているブルーサファイアを盗むため、金庫に侵入するが…。

 

今作のキャッチコピーは、「真実VS奇術VS蹴撃 雌雄を決する三位一体(トリニティ)バトルミステリー」となっています。

このキャッチコピーからは「コナンvs怪盗キッドvs京極真」という感じがしますが…。

 

実際はコナンと怪盗キッドはほぼ協力関係にありましたし、キッドと京極さんが対決したのも一度だけでした

劇場版コナンは本当に予告のミスリードがうまいので、今回もまんまと予想を裏切られました。

 

ちなみに予告にあった「窓ガラスをバリーンと割って登場する京極さん」の映像は、本編にはありませんでした。

かっこいい登場だったので、ちょっと残念…。

 

 

『紺青の拳(フィスト)』感想(ネタバレあり)

アーサー・ヒライがとにかく可愛い

江戸川コナンのパスポートが存在しないため、国外には出られないコナン。

怪盗キッドが特殊なスーツケースにコナンを入れてシンガポールまで連れていく(ついでにキッドは工藤新一のパスポートを使用)という荒業でした!

 

蘭ちゃんに名前を聞かれて、とっさに『ボクの名前は…アーサー・ヒライだ!』と名乗ったコナンくんですが…。

アーサーの演技の時はちょっとセリフ回しが片言になってて、とっても可愛かったです。

 

アーサー・ヒライの名前の由来は、作中でもコナンがキッドに説明していましたが

アーサー・コナン・ドイル+江戸川乱歩の本名である平井太郎=アーサー・ヒライ

ですね。

つまり江戸川コナンとほぼほぼ同じです(笑)

 

コナンと怪盗キッドの協力体制からうかがえる互いへの信頼

シンガポールに無理やり連れてこられ、博士に作ってもらった道具一式もキッドに取り上げられてしまったコナン。

最初こそ「キッドに従わないと日本に帰れない」と言う理由で、渋々キッドの言うことを聞く羽目に…という感じでしたが…。

 

ストーリーが進むにつれ、キッドが謎めいた陰謀に巻き込まれていることに気づき、コナンは自主的に本気で事件に挑んでいきますよね。

キッドはコナンの能力を信頼しているからこそシンガポールまで連れてきたんでしょうし、『中身を言い当ててくれよ名探偵』とコナンに謎解きを委ねています。

 

レオンの屋敷で京極さんにやられそうになったキッドをコナンが助けていますが、あれもキッドが頼んでいたわけではなく、キッドの行動を遠くから見ていたコナンが自主的に助け舟を出してくれた形です。

キッドとコナンがお互いを信頼していて、言葉で多くを語らずとも相手の考えていることを予想して動けているのが、本当にいいコンビだなあと思います。

 

ライバル関係にある2人ではありますが、劇場版ではこうやって共闘してくれるのが本当に熱いですね。

天空の難破船(ロスト・シップ)』でもコナンとキッドが共闘していて、あの雰囲気が大好きなので、紺青での2人の協力体制は本当に嬉しかったです。

 

そもそもキッドがずっとコナンのことを『名探偵』って呼んでるのがいいんですよね。

手ごわいライバルだけど、味方にしたら本当に心強い相手だと思っているんだろうな~。

 

怪盗キッドの活躍ぶりがすごい

今回は正直コナンよりも怪盗キッドの方が目立っていたような気がしました。

工藤新一のふりをして蘭のそばにいたり、コナンの前では素を出し、怪盗キッドとしても大活躍!

レオンの邸宅で溺死させられかけたり、撃たれたり、京極さんに襲われたり(笑)していましたが…。

 

決して(コナンにすら)弱音を吐かず、自信たっぷりの笑みを浮かべ、どんな局面でもカッコよく切り抜ける…。

怪盗キッドの真骨頂がこれでもかこれでもか!と描かれていたように思います。

特にマリーナベイ・サンズでのラストの大立ち回りは本当にかっこよかったですね。

 

ちなみに今回、寺井黄之助も出ていましたね!

一瞬でしたし、セリフはありませんでしたが…。

前回のキッド映画『業火の向日葵』に続いて出演できてよかったね!

 

 

京極真と園子のラブラブシーンが可愛すぎる

京極真は『から紅の恋歌』で劇場版初出演を果たしましたが、まともにメインキャラクターとして出演するのは今回が初。

一方園子も、劇場版でメインを張ったのは『紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)』以来ですね。

 

この2人のラブコメが!今回はすごくよかった!

 

京極さんは大きく分けて3回、作中でバトルシーンがありました。

  • 冒頭でチンピラから園子を守る
  • レオンの邸宅で怪盗キッド相手に戦う
  • マリーナベイ・サンズで園子を守って戦う

 

レオンの邸宅では、レオンにうまく利用されてしまった感がありましたが…。

京極さん的には、レオン邸で園子が怪盗キッドのことを褒めちぎっていたので、それが気に入らなかったんだろうなと思います(笑)

アニメ第746-747話『怪盗キッドvs京極真』をなぞったようなシーンになってましたね。

 

 

マリーナベイ・サンズで園子を背負い結びして戦っていたシーンがありましたが…。

背負い結びは『ゼロの日常』で紹介されていたので、『これゼロティーで見たやつだ!』とちょっとニヤニヤしてしまいました。

 

サンデー50号『ゼロの日常』TIME.23「真似しないように」 感想・ネタバレ

 

今作では京極さんと園子のすれ違いが描かれていました。

冒頭でのラブラブな2人。

ホーカーズで京極さんが大立ち回りするも、園子を守り切れなかった。

園子を守れなかったことで自分に自信をなくしてしまう京極さん。

ミサンガのこと、絆創膏のことを教えてもらえずに拗ねてしまう園子。

怪盗キッドにミサンガを切ってもらったことで全力を出せるようになった京極さん、園子を無事守る。

絆創膏の下には、園子と一緒に撮った写真が…♡

 

京極さんの意外なメンタルの弱さが描かれていて驚きました。

と言っても、彼がメンタルを左右されるのは園子が絡んだ時だけで、そこをレオンにうまく利用されてしまったんですよね。

全力を出せるのも園子のため!という感じがヒシヒシ伝わってきました。

 

絆創膏の下に園子の写真を隠していたのがすっごく可愛かったです~!

あのシーンは園子も珍しく前髪をおろしていて、ものすごく可愛かったですね!

あれは写真なのかな、プリクラなのかな、どっちなんでしょう。

アニメ第226-227話、単行本第27巻『バトルゲームの罠』で、園子が京極さんへの手紙に貼るためのプリクラを撮っていたのを思い出しました。

 

 

京極真は出る作品を間違えてる

それにしても京極さんは…強すぎて、『名探偵コナン』という作品から浮いているような気がしますね(笑)

キッドにミサンガを切ってもらった後、体が発光していて笑ってしまいました。

ドラ〇ンボールか北〇の拳か!?という感じでしたね(笑)

 

そもそもコナンくんがキック力増強シューズで蹴ったボールも、正拳突きで吹っ飛ばしちゃってましたし…。

園子をお姫様抱っこした状態で壁を走るし…。

ちょっと強すぎて訳わかんなかったですね。

 

新一と蘭のラブシーンは…?

『紺青の拳(フィスト)』は修学旅行回の後の時間軸であることが、作中ではっきり明かされています。

つまり新一と蘭は付き合っているということなんですが…。

 

予告で新一と蘭が一緒にプールに入っているシーンがありましたが、あの新一はもちろん怪盗キッドでした。

蘭ちゃん、本当に新一だと思ってるのかな、可哀想だな…キッドだって知ったら悲しむだろうな…ってハラハラしながら見ていたのですが…。

蘭ちゃん、ちゃんとキッドだって気づいていました(笑)

 

そういえば新一新一とはよく言っていたものの、過去作ほど新一に執着した様子ではなかったですもんね。

アニメ第521-523話、単行本第62・63巻『殺人犯、工藤新一』でも、新一が偽者であることを直感的に見抜いていました。

 

蘭が新一=キッドだと気づいたのは、小五郎を『おっちゃん』と呼んだから。

そういえばコナンも新一も、蘭の前では小五郎を『おっちゃん』呼びしませんね。

『お前の父さん』とか『毛利探偵』って言い方をしてるかな?

キッドはコナンになる前の工藤新一に会ったことがありませんから、おっちゃん呼びしちゃうのも無理はないですね。

ここはうまい演出だなと思いました。

 

キッドが変装した新一のことはちゃんと見抜いた蘭ちゃん。

コナンが蘭の名前を叫んだ時は、『新一の声が聞こえた』と言ってましたね!

コナンの声なんですけど、ちゃんと想いは通じてるんだな~!と感動したシーンでした。

 

 

小五郎にも見せ場アリ!

今回はシンガポールでのバカンスということで、序盤からお酒ばっかり飲んでいた小五郎。

まさかいいトコなしで終わるのでは…?とハラハラしたんですが…。

 

眠りの小五郎のフェイントで、劇場内に笑いを誘ってくれました(笑)

 

そして海賊たちに襲われるシーンでは、カッコよく海賊を投げ飛ばしました!

久しぶりに小五郎のカッコイイ柔道シーンだ~!と感動!

蘭ちゃんとの親子共闘シーンなので、さらに感動でした。

ゲスト声優・山崎育三郎さんの演技に脱帽

今回のスペシャルゲストは、山崎育三郎さん河北麻友子さん

 

山崎さん演じるレオン・ローは最初から最後まで出ずっぱりのキャラクターでした。

英語と日本語、セリフが半々で大変だったとインタビューで語ってらっしゃいましたが…。

英語も日本語も素晴らしい演技で驚きました!

 

コナンに登場するスペシャルゲスト声優は、あんまり上手じゃない方もいらっしゃるじゃないですか…。

 

これまでのゲスト声優で、アフレコがすごくお上手で好きなのが

  • 『絶海の探偵(プライベート・アイ)』の柴咲コウさん
  • 『異次元の狙撃手(スナイパー)』の福士蒼汰さん
  • 『純黒の悪夢(ナイトメア)』の天海祐希さん
  • 『ゼロの執行人』の上戸彩さん

の4人なんですけど、山崎育三郎さんも大絶賛ゲスト声優の仲間入りです!

 

レオンは

すごく悪役っぽく登場

いやでもあからさまに悪役すぎる…実はいい人なのでは…?

普通に悪い人でした

でもさらに黒幕がいて、最後は裏切られまくり…

という、なんかものすごく濃いキャラクターでしたね…。

山崎さんの演技のおかげで、さらにキャラクターが強く印象付けられました。

 

河北さんも英語のセリフはすっごくすっごくよかったです!

(日本語になった途端…その…あれでした…)

 

そして『林先生が驚く初耳学!』でよくコナンキャラクターの物まねをしている林修先生。

なんと紺青の拳に本人役で出演していましたね~!

事前にまったく知らなかったので驚きました。

 

中森警部が登場!エンディング後のCパートが濃すぎる

劇場版のコナンは、エンディングテーマ後にも短いアニメパートがありますよね。

今回はそのパートがものすごーく濃かったです!

 

  • キッドを逮捕するため、空港で待ち構えていた中森警部
  • キッドに気づいていて、あえてくっついていた蘭ちゃん
  • 阿笠博士の陰に隠れてアーサーの変装をとくコナン

 

短時間にもかかわらず、すごい情報量とオチでした(笑)

青山剛昌先生の原画もここで登場していましたし、Cパートをカットしがちな金曜ロードショーへの挑戦かな?と思ってしまうくらい濃かったです。

これだけ重要なシーンが入っていれば、絶対カットできないですもんね。

 

 

さて中森警部ですが…。

もともと担当声優だった石塚運昇さんが、2018年8月に亡くなられました。

石塚さんが亡くなってから、テレビアニメではキッドの出番がなかったので、今回の映画ではどうなるんだろうと気になっていましたが…。

後任声優を立てて登場!と言う形になっていました。

後任の声優は石井康嗣さん

石塚さんと声質が同じような系統なので、あまり違和感なく、すんなり中森警部だと思えました。

今後もアニメに中森警部が登場してくれるということで、正直ほっとしています。

 

名探偵コナンで声優が変わったキャラクターは?死亡以外の理由でも交代

 

2020年の映画は赤井秀一がメイン!

翌年の映画の予告も、コナン映画の楽しみのひとつ。

今年の予告は夜景にライフルスコープが重なり、赤井秀一の『届け…遥か彼方へ』というセリフが入りました。

 

つまり来年は、赤井秀一がメインです!

 

赤井秀一は『異次元の狙撃手(スナイパー)』と『純黒の悪夢(ナイトメア)』の2作品にしか登場したことがないんですよね。

異次元では(おいしいところをかっさらっていったとはいえ)出番はわずかでしたし、純黒ではあくまでも複数いるメインキャラのひとり、といった扱いでした。

赤井さんの後に登場した安室さんの方が先に『ゼロの執行人』でメインを務めてしまったので、驚いたくらいです。

 

2020年は満を持しての赤井秀一メイン!という感じですね。

どんな内容になるか、今からすごく楽しみです。

 

まとめ

まだ一度しか鑑賞していないので、細部までじっくり見られてはいないのですが…。

とりあえず初見では『とにかく面白い!』という印象でした。

怪盗キッドが大活躍するので、キッドファンにはたまらない作品に仕上がっていると思います。

 

あとアクションがとにかく派手ですね。

これよくシンガポール側が許したな…と思ってしまうくらいです(笑)

 

まだまだ公開中にリピート鑑賞しようと思います!

 

怪盗キッド登場回まとめ!原作・アニメ・劇場版を効率よくチェック

 

京極真登場回まとめ!原作・アニメ・劇場版にスペシャル番組も

 

名探偵コナンが無料で見られる動画配信サービス

名探偵コナンを観るなら、動画配信サービスがオススメです。

今なら無料で名探偵コナンの劇場版を楽しむことができます!

 

Hulu、dTV、U-NEXTでは、劇場版名探偵コナン第1作「時計じかけの摩天楼」から第21作「から紅の恋歌(ラブレター)」まで、21作品を一挙配信スタートしました!

第22作「ゼロの執行人」以外はすべて配信されるということですね。

 

 

Hulu

  • 月額933円(税抜)で見放題
  • 無料トライアル期間は14日間
  • 支払い方法はクレジットカード、キャリア決済、PayPal、Huluチケットなど

名探偵コナンは日テレで放送されていますよね。

Huluは日テレの子会社が運営しているため、コナンの特集などを頻繁にやってくれます。

無料トライアル期間は2週間です。

 

 

dTV

  • 月額500円(税抜)で見放題
  • 無料トライアル期間は31日間
  • 支払い方法はクレジットカード、ドコモケータイ払い

U-NEXTやHuluに比べると、とにかく破格で見られるのがdTV。

ドコモが提供しているサービスですが、ドコモユーザーでなくともdアカウントを作成すれば利用することが可能です。

 

しかも無料トライアル期間が31日間もあるのがdTVの魅力!

無料なのにじっくりゆっくり楽しむことができます。

月額もわずか500円(税抜)なので、そのまま利用し続けても充分元が取れそうです。

ぜひ配信期間中に利用してみてくださいね!

 

 

U-NEXT

  • 月額1,990円(税抜)で、毎月1200ポイントがもらえる
  • 見放題作品は月額だけで見放題
  • 都度レンタル作品はポイントでレンタル可能
  • 雑誌やコミックも読める

ポイントを使って雑誌やコミックも読めるのがU-NEXT。

少年サンデーも読めるようですね。

 

U-NEXTでもコナンのTVシリーズと劇場版を楽しむことができます。

無料トライアルは31日間です。

 

 

dTVとHulu、U-NEXTに同時に登録してしまうと、無料トライアル期間が重なってしまうのでもったいないです!

まずどれか1つに登録し、トライアル期間ギリギリまで楽しんでから解約。

その後別の配信サービスに登録すると、無駄なく無料トライアル期間を満喫できますよ。

ぜひ試してみてくださいね!

 

※本作品の配信情報は2019年4月19日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTV・Hulu・U-NEXTのホームページもしくはアプリをご確認ください。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。