警察学校組って何?降谷零の警察学校時代の同期たち

警察学校組って何?降谷零の警察学校時代の同期たち

7月28日から新しくオンエア開始になったエンディングテーマ『さだめ

このエンディングテーマで描かれているキャラクターたちが、コナンファンたちに大旋風を巻き起こしています。

長年のコナンファンは『まさか彼らが描かれる日がくるなんて』と大喜びしているわけですが、ゼロの執行人をきっかけにコナンにハマった若いファンの方たちにとっては『あの人たち誰?』って感じですよね。

では、エンディングテーマに出てきたキャラクター達についてご紹介します。

 

警察学校組とは

警察庁警備局警備企画課(通称ゼロ)に所属している降谷零と、彼と警察学校時代に同期だった4人を合わせた5人を指しているのが『警察学校組』という呼び方です。

Q55.降谷零・松田陣平・萩原研二・伊達航・スコッチは警察学校の同期かつ同年齢ですか?

というファンの質問に対し、作者の青山剛昌先生は

同期だとは思うけど。

と答えています。(引用:スーパーダイジェストブック90+)

このQ&Aをきっかけに、降谷たち5人がファンの間で『警察学校組』と呼称されるようになりました。

 

 

 

警察学校組のメンバー

降谷零

単行本第75巻・アニメ第667~668話『ウェディングイブ』で初登場。

警察庁警備局警備企画課(通称ゼロ)所属。

警察学校組で唯一の生存者です。

現在は安室透を名乗り、毛利小五郎の弟子・ポアロのアルバイト・黒の組織のバーボンのトリプルフェイスをこなしています。

声優は古谷徹。

 

松田陣平

単行本第36巻・アニメ第301~302話『悪意と聖者の行進』で初登場。

警視庁警備部機動隊爆発物処理班から警視庁捜査一課強行犯三係転属。

同じ爆発物処理班に配属されていた萩原研二が爆弾解体中に殉職し、敵討ちのため爆弾事件を担当する特殊犯係に転属を希望するも、頭を冷やすようにといったん強行犯係に転属になりました。

手先が器用でメールを打つのが非常に早いです。
佐藤美和子刑事とは両想いだったと思われます。

転属からわずか1週間後、萩原を殺したのと同じ犯人が仕掛けた爆弾解体中に殉職。
彼が殉職する事件は、第304話として放送されたTVスペシャル『揺れる警視庁 1200万人の人質』にて描かれています。

劇場版『純黒の悪夢』で、降谷に爆弾の解体方法を教えたのが松田であることが明らかになりました。

声優は神奈延年。

 

萩原研二

原作ではセリフの中で苗字が出たのみ。
第304話として放送されたTVスペシャル『揺れる警視庁 1200万人の人質』でフルネームと容姿が明らかになりました。

警視庁警備部機動隊爆発物処理班所属。

爆弾解体中に殉職しました。

松田陣平とは親友だったようで、萩原の死は松田に大きな影響を及ぼすことになりました。

声優は三木眞一郎。

 

伊達航

単行本第76巻・アニメ第681~683話『命を賭けた恋愛中継』で初登場。

警視庁刑事部捜査一課強行犯三係所属。

高木渉刑事の教育係で、名前が同じことから『ワタルブラザーズ』と呼ばれており、高木のことを可愛がっていました。

交通事故で死去しており、高木が普段使用している黒い手帳は伊達の遺品です。

警察学校時代の成績は常に2番手で、たった1人だけ頭も体もかなわなかった人物がいたと語っており、これは降谷のことを指していると思われます。

公安に配属された後に連絡が取れなくなった降谷のことを心配し、『お前どこで何やってんだ?たまには連絡しろよな!』とメールを送っていました。

声優は藤原啓治。

 

スコッチ

単行本第88巻・アニメ第836~837話『仲の悪いガールズバンド』で初登場。

警視庁公安部所属。

降谷のことを幼少期のあだ名である『ゼロ』と呼んでおり、2人は幼馴染の関係にあります。

ベースを弾くことができ、降谷はスコッチと一緒に演奏したくてギターを覚えたことが『ゼロの日常 TIME.10』で明らかになりました。

黒の組織に潜入していましたが、組織に公安であることが露見して自殺。
降谷が赤井秀一を強く憎んでいるのは、スコッチの死がきっかけとなっています。

本名は長らく不明でしたが、青山先生本人がゲーム『どうぶつの森』の中で、スコッチの名前は『景光(ヒロミツ)』であることを明かしました。
苗字はまだ不明です。

声優は緑川光。

→サンデー43号でスコッチの素性が明らかになりました!

 

あわせて読みたい
【考察あり】サンデー43号『名探偵コナン』FILE1021「遺品」感想・ネタバレ

 

 

警察学校組が死去した時系列

5人のプロフィールを読んでわかる通り、5人のうち生きているのは降谷零のみ。

4人は作中で名前が出た時点で既に死亡しています。

作中の時間を元に、4人が死亡した順番を整理しました。

7年前 萩原研二 爆弾解体中に殉職

2~4年前 スコッチ 黒の組織潜入中に正体が露見したため自殺※

3年前 松田陣平 機動隊から捜査一課に転属・爆弾から一般人を守るために殉職

1年前 伊達航 交通事故により死去

※スコッチが世良真純と会ったのが4年前、赤井秀一が黒ずくめの組織を離脱したのが2年前なので、その間に自殺したことになります。はっきりした時期は明らかになっていません。

 

降谷零の年齢は29歳で、7年前は22歳。
警察庁に入庁していることから大学を卒業していると思われます。

警察学校の同期である萩原も同い年だとすると、萩原は機動隊に配属後すぐに亡くなっている計算になりますね。

伊達は1年前に亡くなっていますが、降谷が伊達の死を知ったのは『命を賭けた恋愛中継』の時です。
伊達が亡くなってから1年間、彼の死を知らなかったことになりますね。

もしかしたら萩原や松田の死も、すぐには知ることができなかったのかもしれません。

 

エンディングテーマ『さだめ』での5人

松田・萩原・伊達・スコッチはもう亡くなっていますので、コナン本編への再登場はないものと思っていました。

にもかかわらずエンディングテーマ『さだめ』で生前の姿を描いてくれたことが、嬉しくてたまりません。

犯人を確保している松田

防護服を着ている萩原

老夫婦に道案内をしている伊達

公園で誰かと話しているスコッチ

ポアロのカウンターを拭いている降谷の後ろ姿

亡くなっている4人が正面や横顔を描かれているのに対し、生きている降谷だけが後ろ姿を見せています。

これは何を表現しているんでしょうか?

あえて表情を見せないことで、降谷の心情を視聴者に連想させる意図があるのかもしれませんね。

 

さいごに

2018年に開催されたコナンカフェの渋谷会場にて、青山先生が警察学校組の5人のイラストを描いてくださいました。

繰り返しますが、もう亡くなっている4人のイラストを描き下ろしてくれた上、エンディングテーマにも登場したということで、今後回想や何らかの形で警察学校組のメンバーが再登場するのかもしれません。

彼らの登場を期待したいと思います!