コナンの逆輸入キャラクター!アニメや劇場版から原作へ登場

コナンの逆輸入キャラクター!アニメや劇場版から原作へ登場

名探偵コナンのキャラクターの中には、テレビアニメや劇場版で登場した後に原作に登場した、いわゆる『逆輸入』キャラクターがいることをご存知ですか?

もともと原作にはいなかったのにも関わらず、原作に逆輸入されてからすっかりレギュラー化したキャラクターたちがいます。

中にはかなり意外な人もいるのではないでしょうか。

どんな逆輸入キャラクターがいるのかまとめてみました。

 

テレビアニメから逆輸入されたキャラクター

警視庁刑事部捜査一課の高木渉巡査部長

逆輸入キャラクターの第一号が高木刑事です。

アニメでは初期からのレギュラーキャラクターであり、『本庁の刑事恋物語』シリーズで佐藤刑事との恋愛模様も描かれています。

コナンに事件の捜査状況を教えてくれる重要キャラクターなので、元々はアニメオリジナルキャラクターだったことを知らない方も多いのではないでしょうか。

 

コナンの連載が始まった頃、登場する警察関係者は目暮警部一人でした。

説明役が必要だということで作られたアニメオリジナルキャラクターでしたが、単行本17~18巻、アニメ第102~103話『時代劇俳優殺人事件』でついに原作に逆輸入されました。

劇場版には第3作目の『世紀末の魔術師』から登場しています。

高木刑事は容姿が微妙にマイナーチェンジを繰り返しており、初期と現在では髪型や顔立ちがかなり異なっています。

高木刑事の誕生秘話!魅力たっぷりのおすすめエピソード3選も

警視庁刑事部捜査一課の千葉和伸巡査部長

目暮警部や高木刑事と同じく、警視庁刑事部捜査一課に所属している千葉刑事。
ぽっちゃりした体質なので、印象に残りやすいですよね。

千葉刑事もアニメオリジナルのキャラクターです!

アニメでの初登場は第138話『最後の上映殺人事件』、原作での初登場は第27巻です。

最初の頃は出番が少なかったですが、連載が長くなるにつれて

  • 特撮マニアで仮面ヤイバーのファン
  • 『毒と幻のデザイン』『現場の隣人は元カレ』『ブログ女優の密室事件』に登場する米原桜子の幼馴染
  • 交通部婦警の三池苗子とは帝丹小学校時代の同級生

など、どんどんと設定が増えていき、最近では三池苗子との恋愛模様も描かれるようになってきました。

 

高木刑事の名前は声優の高木渉さんからそのままとられています。

それに対し、千葉刑事は『千葉和伸』という名前で、声優の千葉一伸さんとは漢字が変えられています。

声優さんの方は名前の読み方が『いっしん』なので、混同しないようにとの配慮かもしれませんね。

 

榎本梓

毛利探偵事務所の階下にある喫茶ポアロの看板娘・榎本梓さん。

彼女もアニメのオリジナルキャラクターですが、何度か容姿が大幅に代わり、現在の梓さんになるまでずいぶん時間がかかりました。

そのため、いつが初登場とはっきり書きにくいですね。

名前は当初『梓』と名前が設定されているのみでしたが、声を担当している榎本充希子さんにちなんで苗字がつけられ『榎本梓』というフルネームになりました。

 

安室透が登場してポアロでのアルバイトを開始して以来、急激に出番が増えましたね。

『ゼロの日常』でも登場頻度の高いキャラクターです。

 

劇場版から逆輸入されたキャラクター

警視庁刑事部捜査一課の白鳥任三郎警部

白鳥警部は、劇場版からの逆輸入キャラクターです。

劇場版第1作目『時計じかけの摩天楼』で容疑者の一人として登場しました。

その後原作やアニメにも登場するようになり、

  • 警部補として登場したが警部に昇進
  • コナンたちの担任である小林澄子先生と恋人関係になる

など、キャラクターが深く掘り下げられるようになりました。

 

ちなみに、白鳥警部の声は塩沢兼人さんが担当していましたが、塩沢さんが亡くなったことで井上和彦さんに引き継がれました。

劇場版第4作目『瞳の中の暗殺者』では、白鳥警部の声を塩沢兼人さん、映画オリジナルキャラクターの声を井上和彦さんが担当しています。

新旧白鳥警部が共演している貴重な作品です。

 

栗山緑

蘭の母親・妃英理の法律事務所で秘書と事務員を務めている栗山さん。

彼女は劇場版第2作『14番目の標的』に映画オリジナルキャラクターとして登場し、劇場版第4作『瞳の中の暗殺者』で名前が設定されました。

その後原作やアニメオリジナルストーリーでも、よく登場するようになりました。

劇場版第22作『ゼロの執行人』でも登場し、重要な役回りを演じましたね!

スピンオフ漫画『ゼロの日常』の第6話にも登場を果たしています。

 

京都府警の綾小路文麿警部

劇場版のオリジナルキャラクターとして登場した綾小路警部。

いつもペットのシマリスを連れていて、白鳥警部と同期という設定です。

  • 劇場版第7作『迷宮の十字路』
  • 劇場版第13作『漆黒の追跡者』
  • 劇場版第17作『絶海の探偵』
  • 劇場版第18作『異次元の狙撃手』
  • 劇場版第21作『から紅の恋歌』

以上5作品もの劇場版に登場していながら、原作に登場したのはなんと94巻収録の第1001話!

迷宮の十字路』から実に14年後の逆輸入でした。

ちなみに、アニメでは『絶海の探偵』のプレストーリーとなる第694話『消えた老舗の和菓子』で初登場しています。

 

また、綾小路警部の声優をつとめる置鮎龍太郎さんは、のちに沖矢昴の声も担当しています。

異次元の狙撃手』には綾小路警部も沖矢昴も登場するため、一人二役を演じていますよ。

 

警視庁公安部の風見裕也警部補

劇場版『純黒の悪夢』に登場した警視庁公安部の風見裕也。

名前の由来は『機動戦士Zガンダム』の主人公カミーユ・ビダンで、声もカミーユ役の飛田展男さんが担当しています。

コナンに隠されたガンダムのオマージュネタまとめ

『純黒の悪夢』のオリジナルキャラクターではありましたが、安室透の部下という立場はストーリーを動かすうえではとても便利な設定なんですね。

比較的すぐに原作に逆輸入され、94巻収録の998話で初登場を果たしました。

劇場版『ゼロの執行人』でも大活躍して、ファンが一気に増えた印象です。

表立って捜査ができない立場の安室透に代わり、表であれこれ立ち回る風見さん。

ゼロ(安室透)に接触できる立場ですから、相当優秀なんでしょうね。

 

スピンオフ漫画『ゼロの日常』では、安室さんの車で寝てしまったり、お酒を飲んで酔っ払ったりと、『ゼロの執行人』で見せた姿とはかけ離れた一面を見せてくれています。

 

 

さいごに

最近登場した風見裕也以外は、劇場版やテレビアニメに何度も登場しているキャラクターばかり。

そのため『えっ、このキャラクターって逆輸入だったの!?』と思われたキャラもいたのではないでしょうか。

テレビアニメや劇場版の進行役として生み出されたキャラクターであっても、原作に登場して活躍の機会が増えてくると、どんどん人物設定に深みが出てきますよね。

風見刑事のように、登場してすぐ人気が爆発するキャラクターも誕生しました!

もしかしたら今後も逆輸入キャラクターが生まれるかもしれません。

そういう点でも、アニメや劇場版のオリジナルキャラクターには要注目ですね。

 

劇場版名探偵コナンのおすすめランキング!全22作品のあらすじと見所も紹介

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。